難波和彦+界工作舎
HOME 難波和彦 難波研究室
箱の家 PROJECT 青本往来記
AND OR

コンパクト箱の家

2019年08月23日(金)

小雨のち曇りの涼しい一日。8時半出社。日士連作品賞審査委員長の村松映一さんから電話が入る。これまでの経緯を一通り話した上で私見を述べる。今日の午後に会長と会うそうだ。午後には松川委員からもコメントメールが届く。さてどういう展開になるか予断は許さない。山本理顕さんから昨日送ったお礼のメールに対する返信が届く。『都市美』のテーマをぜひ『建築雑誌』でとり挙げてもらいたいという心強い返事である。早速、編集担当幹事の長澤夏子さんに伝えてプログラムを組んでもらおう。12時過ぎに事務所を出て銀座線で三越前にて下車。歩いて5分で日本橋のニチハ東京支店へ。13時から〈ニチハ・サイディング・アワード2019〉の審査会。飯島直樹さんはすでに待機している。去年の490点には届かないが今年は430点の応募である。例年の通り気になる作品にシールを張っていく。全般的印象としては去年と同じ程度のレベルで残念ながら今年も突出した作品はない。一通り貼り終わったところで僕と飯島さんの2人のシールがついた作品をピックアップし机に並べる。1人のシールでも気になる作品を加えた上で、まずグランプリ、プラチナ、ゴールドの3作品を選ぶ。僕としては集合住宅を優先してグランプリを選択。その後、住宅、非住宅、公共建築部門の優秀賞を選び、残りの中から入選作を選んで15時過ぎに終了。飯島さんの誘いで近くの画廊に立ち寄ってから16時過ぎに帰社。建築史家で編集者の伏見唯さんから『日本の住宅遺産---名作を住み継ぐ』(伏見唯:著 藤塚光政 :撮影 世界文化社 2019)が届く。伏見さんは『建築雑誌』の編集も担当している。明治以降の住宅で現在も住まわれている住宅をピックアップした本で藤塚光政さんの撮影である。戦後の住宅と1970年代以降の住宅が興味深い。夕食後20時に事務所を出て南青山三丁目のCIBONE Aoyamaで今日から開催のEXIHIBITION:36 Artek FIN/JPN Friendship Collection展のオープニング・レセプションを訪ねる。スキーマ建築計画の長坂常さんがデザインした家具が展示されているので興味を持った。18時半開始だが遅れて行ったためか会場は満員だが顔見知りは長坂さん以外はゼロである。長坂さんの家具はアルヴァー・アールトの集成材家具の水平面部分を2色の染料で染めた上で磨き上げた家具で「カラリン」シリーズと名づけられている。2色の不思議な木目模様が浮かび上がりアートと家具の中間的な製品である。21時帰社。岸和郎さんから村松審査委員長が日士連三井所会長との懇談会を来週に開催する旨のメールが届き出欠を訊かれる。どうやら全員が出席できそうだ。21時半帰宅。『建築の前夜』を読み続ける。日支事変から太平洋戦争開戦にかけた激動の時期に建築学会の〈大東亜建築委員会〉において議論が展開された〈日本国民建築様式〉についての経緯が詳細に紹介されている。委員会を主導した人物は佐野利器である。〈大東亜建設記念造営計画コンペ〉と〈在盤谷日本文化会館建築設計競技〉の募集要項はその延長上で作成されたのである。


2019年08月22日(木)

昨夜はかなり強い雨が降ったようだが朝からは曇り一時晴れの蒸し暑い一日。8時半出社。日士連作品賞事務局から電話とメールで作品賞の成立経緯や審査員選定基準などを含む規約類は存在しない旨の回答が届いたので審査委員全員にメール報告し今後の対応について意見を訊く。審査員の中谷、高橋、櫻井諸氏からコメントメールが届くが現状の肯定的な分析が主で具体的な改善策の提案までは至っていない。一度、連合会会長と審査員全員が集まって話し合いを持つ必要があると考えるが、まずは村松委員長の意見が届くまで待機しよう。佐々木構造計画の瀧本さんから先週末に送った「箱の家164」の今後の作業スケジュールと平断面詳細図、矩計詳細図に関する検討結果のメールが届く。構造システムに関する大きな変更はないが、RC基礎の詳細、ガセットプレートのサイズと形、構造下地など細部の仕様について細かな指摘を受ける。鉄骨階段については今までとは異なる形なので構造システムについても異なる構法を考案したい旨の返信メールを送る。その後しばらく鉄骨階段のスケッチを続行し基本的なシステムの見通しを立てる。踏み板の材料についてはクライアントの意見を聴いて決めることにしよう。山本理顕さんから『都市美 創刊第1号』(山本理顕:責任編集 名古屋造形大学 2019)が届く。〈コミュニティ権〉に関する社会学者と法学者との対談、進行中の名古屋造形大学キャンパスの設計経過報告、昨年開催された〈LOCAL REPUBLIC AWARD〉の報告など興味深い記事が満載である。お礼のメールに合わせて『建築雑誌』の2020年5月号特集「計画学と社会学」で本誌を取り上げ山本さんの単独インタビューをお願いしたい旨のコメントを送信する。合わせて『建築雑誌』編集委員会のSlackで紹介する。能作さんから『建築雑誌』2020年2月号特集「震災以降の新しい生活(仮)」の趣旨文が届いたので、早速はりゅうウッドスタジオの滑田崇志さんと日大郡山の浦部智義さんにインタビュー手配の依頼メールを送る。『テーマパーク化する地球』第1部の「ソ連と崇高」はモスクワ近郊にあるソビエト連邦時代の宇宙開発技術の展示場〈国民経済達成博覧会場〉の見学記である。東浩紀はエドモンド・バークやカントを参照しながら、チェルノブイリ原発事故跡地の見学と同様、困難な課題に挑戦した技術の成果(失敗)に対して一種〈崇高〉な感情を抱くと述べ、その感情は最近のオタクの〈萌え〉の感情に似ているとも述べている。僕は読みながらかつて磯崎新がフィリッポ・ブルネレスキによって建設された〈サンタ・マリア・デル・フィオーレのドーム〉の設計思想を〈テクノニヒリズム〉と評したことを想い出した。この問題は『建築雑誌』の1月号〈レジリエンス〉の概念について編集委員で話し合った時、最終的には〈ブリコラージュ〉の概念を持ち出す結果になった事態にどことなく似ている。その先に〈宗教〉という言葉がチラつくが、その一歩を決して踏み出さないことが僕のアイデンティティである。


2019年08月21日(水)

晴れのち曇りの残暑の一日。8時半出社。原稿スケッチの続行。『建築雑誌』の連載原稿は1月号締切が10月半ばなのでそろそろピッチを上げねばならない。2、3月号についても参考文献をリストアップしてみる。『反脆弱性Anti-fragile』の再読もそろそろ始めよう。『SD』編集長の相川さんから『前川國男論』の書評に関するメールが届く。本が届いたかどうかの確認メールだが大著なので少し心配らしい。興味深く現在は半分まで読み進んでいる旨の返信メールを送る。Uさんから「箱の家164」の天井仕上をシナ合板にできないかという希望メールが届く。現設計ではコストダウンのために構造を兼ねてキーストンプレート仕上としている。Jt誌に掲載された「159吉村邸」の天井を見て考えたらしいが、そこで使っているのはデッキプレートでキーストンプレートではない。10僖團奪舛離妊奪プレートに比べるとキーストンプレートは25丱團奪舛世らずっと繊細な表情を持っている。しかも音や光を乱反射するので光環境と音響環境にも効果的である。構造体のキーストンプレートの上に天井を張った場合の追加工事金額の概算を参考資料として添えて返信メールを送る。アマゾンから届いた『テーマパーク化する地球』(東浩紀:著 ゲンロン 2019)巻頭論文「テーマパークと慰霊---大連で考える」を読む。ロシアと日本の占領を経て中国に返還された大連がかつてのロシア人租界地域と日本人租界地域を含めて港湾地域一帯を中国のディベロッパーが再開発し街全体を完全にテーマパーク化しているという趣旨である。僕は2009年に都市工学専攻の石川幹子教授と一緒に十数人の学生を連れて大連理工大に赴き、建築学部長の范教授と協力して国際ワークショップを開催した。当時の港湾地域は本格的な開発が始まる前で、学生の課題は日本占領時(1928年)に建設された巨大な鉄筋コンクリート構造の倉庫をリノベーションするというものだった。レクリエーション施設として再開発の予定でガラン堂になっていたその建物は、マッシュルーム柱とフラットスラブの構造でエレベーターシャフトに墨による日本語で建設年と工事担当書者名が書かれているのを発見して驚いたことを記憶している。というのもマッシュルーム柱とフラットスラブで有名なロッテルダムのファン・ネレ煙草工場(ブリンクマン+ファン・デル・フルークト)が建設されたのも1928年であり、当時の日本の建設技術が世界的なレベルにあったことを実証していたからである。もう一つ驚いたのは大連理工大の学生は満州人が多く総じて背が高いことだった。そのこともあってか大連理工大にはファッションモデル・クラブがあり背の高い女性部員たちが僕たちを歓待してくれた。ことほど左様に大連はテーマパーク化の環境が揃っていたように思われるのである。17時過ぎに事務所を出て田町の建築学会へ。18時から『建築雑誌』2月号特集の臨時編集委員会を開催。編集幹事の長澤夏子と能作文徳、編集委員の中川純と川島範久に僕を加えた5人が出席。9月11日に開催される定例編集委員会に提出する2月号特集の詳細について意見交換し概要をまとめる。特集の編集委員である吉村靖孝さんや中川エリカさんにも協力要請のメールを送り、特集のためのインタビュー先の候補をリストアップして20時半終了。田町駅近くの居酒屋に移動し遅い夕食。ハイボールを呑みながら建築談義。10時過ぎ解散。11時前に帰社しそのまま帰宅。『テーマパーク化する地球』を読みながら夜半過ぎに就寝。


2019年08月20日(火)

雨、曇り、晴れを繰り返す不安定で蒸し暑い一日。8時半出社。富山の横山天心さんから「162酒井邸」の週間工程表が届く。それを見ると8月中はほぼ大工工事一色で外壁の間柱、構造用合板張り、断熱パネル張りの工事が続くようだ。月末までには断熱パネル張工事も一区切りつきそうである。クライアントの酒井さんからは構造用合板が張られて外観の輪郭が見え始めたという報告メールが届く。熊本の保田さんから「163保田邸」の駐車場の排水枡のガタつきやフレキシブルボードの床の削りキズに関する質問メールが届く。相変わらず些細な問題だが工業製品ならばこの程度でもクレームになるのだろうか。工業製品でさえ新品状態を維持するのは不可能なのに手作業で造られた建築にそれを望むのはドダイ無理というものである。床の傷は時間が経てば均されてしまうので、とりあえずはそのままにしておくのがいいでしょうという趣旨のメールを送る。「箱の家164」の詳細図を見直しながらさらにチューンアップする方法はないか模索する。外壁仕上げは久し振りに「箱の家112」と同じ中空成型セメント版張の予定だが、南北に細長い建物で西面の隣地が庭であるため夏季の西日を受けることになる。西面の窓は必要最小限にとどめているが、外壁は全面的に西日を受けることになり、中空成型セメント板は熱容量が結構大きいので外壁通気を効率的にする必要がある。「箱の家112」もそれに近いので外壁から屋根に抜ける通気構法を考案したが、この通気構法を何とか改良して効率化したい。逆に東面はほとんどガラス面なので朝の日射を全面的に受けることになるが、西陽ほど大きな影響はないのでペアガラスのコーティング仕様とブラインドによって対処しよう。コストダウンのために天井張りはベランダや浴室など最小限にとどめ、それ以外はキーストンプレートをそのまま仕上げとしている。このため配線配管の経路については細心の注意を払う必要がある。通常は平断面詳細図をまとめた後には展開図に移るのだが、今回はその前に設備システムを先行して検討することにする。夜、岸和郎さんから日士連作品賞の審査委員会に関するメールが届く。何となく連合会上層部に不穏な動きがあるようだ。昨年から不可解な情報が流布しまるで現安倍政権と同じような印象を受けていた。僕としてはこの際、情報を全面的に開示し話し合いによって決めるべきだと考え、その旨のメールを審査員会のメンバーと日士連作品賞の事務局に送信する。夜は『建築の前夜』を読み続ける。戦時中の前川國男の活動に関する詳しい記述が展開されている。読み進むうちに全体の半分を過ぎていることに気づく。


2019年08月19日(月)

曇り時々雨の蒸し暑い一日。8時半出社。今日から木村が出社するので「163酒井邸」の断熱検査の手配スケジュールを確認するように指示。現場監督や審査機関と打ち合わせた結果8月末に実施することになる。その際は木村が立ち会う予定である。佐々木構造計画へ今後の作業スケジュールについての再確認のメールを送る。見積用図面は10月半ばまでにまとめて現場説明を実施し、11月半ばに見積書を提出してもらい。金額を見た上で見積調整と設計変更を行ない年末までに工事契約を締結し確認申請も提出するというスケジュールである。合わせて長期優良住宅の申請も行う予定。さらに外壁の矩計詳細図も送信する。2階バルコニーの鉄骨手摺や鉄骨階段のシステムについては構造に関するアドバイスは受けるが、詳細は界工作舎が責任を持ってまとめることを確認する。というのも手摺や階段については構造強度に関する明確な法的指針がないので、通常の指針に従って設計すると必要以上にゴツい構造になってしまうからである。手摺は少しくらい不安定な方が使用者の緊張感を引き出し返って安全になることを池辺陽の設計から学んだ。さらにこれまでの経験から住宅の階段の場合の積載荷重条件はきわめて軽微なので通常の積載条件で設計する必要はないことが分かっている。総じてサブ構造については建築家が使用条件を正確に想定しチェック条件を決めるべきなのである。まもなく佐々木構造計画の担当の瀧本さんから今週半ばまでには検討結果を送る旨の返信メールが届く。午後は原稿スケッチを続行。『建築雑誌』の連載については今まで通りにキーワードを書き溜めていき『建築の前夜』の書評については切り口についてアイデアをメモする。後者については一般教養としての建築史ではなく現代の建築デザインのあり方に引き寄せて考えてみたいが前川國男の建築技術観がヒントになるような気がしている。『建築雑誌』2月号特集「新しい生活様式」のSlackに紹介した記事について能作さんがコメントを書いている。記事の主旨を加速主義(資本主義)と減速主義(スローライフ)の二者択一に単純化して捉えている点がやや気になるが、社会学・経済学的な議論を建築に引き寄せて具体的な検討にすべきだと主張している点においては共感できるのでその旨のコメントを加える。2月号の特集がその方向に収斂することを期待しよう。夜は再び『建築の前夜』を読み始める。日中戦争が勃発したために急遽中止になった1940年東京オリンピック計画と並行して進められながらも同じく中止になった〈日本万国博覧会〉のコンペに関する紹介が続く。


2019年08月18日(日)

晴れのち曇りの蒸し暑い一日。現場は今日までが盆休みなので何の連絡もない。10時半に一旦出社するが何もやる気がしないので日記を書き込んだ後に昼前に帰宅する。シャワーを浴びてからしばらくの間は仮眠と読書。15時過ぎに再度出社し戸田がまとめた矩計詳細図に目を通す。まだ検討の余地は多々あるようだが、とりあえず週明けに佐々木構造計画に報告しチェックを依頼しよう。Facebookで山代さんが興味深い論文を紹介している。いわゆるスローライフを実行しているのは比較的富裕層の人たちであり貧困層にはスローライフを味わう余地などないという趣旨の論文である。山代さんは東京と千葉の二地域居住を実験しているグループに所属しているので気になったのだろう。要するにスローライフはハイテックで加速的な都市生活に代わるスローなライフスタイルを提唱しながら、結局のところは資本主義的な加速経済を補完しているに過ぎないという主張である。僕自身は高校時代まで山口県の田舎の農家で祖父の農作業を手伝っていたから今でも田舎での生活にはまったく興味がない。18歳で東京に出てきて初めて夏季の避暑や冬季のバカンスというライフスタイルを知って驚きつまるところそれは都会人の余暇に過ぎないと考えてきたからスローライフも結局その延長ではないかと考えている。とはいえ一考の余地があるので『建築雑誌』2月号の特集「新しい生活様式」のSlackで紹介する。僕としてはこの特集を契機に僕自身のライフスタイルを考え直してみたいと考えている。昨日に引き続き『現代思想』誌7月号の特集「考現学とは何か」に掲載されている黒石いずみの論文「スケッチが拓く「いま」の博物学」を読む。黒石は1923年の関東大震災以後に今和次郎によって創始された考現学における〈スケッチ〉の発見的な意義を〈言語〉による記述と比較しながら、近代の社会学のみならずモダニズムのアートや建築デザインのコンテクストに中に位置づけており大変勉強になった。しかしながら最後の考現学を現代の震災に適用する試みはやや時代錯誤のように感じる。というのも大正時代から100年近く経過して映像技術やITが大きく進歩した現代においては、手描きのスケッチだけで考現学を展開することにはやや無理があると考えるからである。夜はNHK特集「戦争と幻のオリンピック---アスリート知られざる闘い」を観ながら、並行してBSの映画『ラストエンペラー』(ベルナルド・ベルトリッチ:監督 1988)を観る。前者は1940年の東京オリンピック中止をきっかけに当時のアスリートたちのその後の人生を紹介し、後者は1932年に日本の傀儡政権として建国され1945年に解体した満州国の最後の皇帝、溥儀の半生を描いている。『建築の前夜』でもちょうど1940年オリンピック計画の紹介に差し掛かっている。前川國男は岸田日出刀の指導の元にオリンピック競技場の計画に取り組むがそれを手伝ったのが当時大学院生だった丹下健三である。


2019年08月17日(土)

台風一過の晴れで酷暑の一日。8時半出社。「箱の家164」の平断面詳細図が一通りまとまったので引き続き矩計詳細図について戸田と打合せ。断面詳細図を見ながら1/10の納まりを検討する。ヒートブリッジ解消のためのディテールの複雑さが気になるので何とか単純化できないか考えあぐむ。完全な乾式構法に拘らず鉄骨の一部に断熱材を吹付ける構法を採り入れるべきかもしれない。少し検討してみよう。昼過ぎに一応事務所を解散するが、戸田は夜まで作業を続けたらしく断面詳細図の修正と追加の図面をまとめている。『建築雑誌』特集「歴史の効用」Slackに日本建築史の海野聡さんが特集の話題を拡大する提案コメントを書き込んでいる。この特集には海野さんにも加わってほしい旨を伝えると快諾の返事が返ってくる。建築史に関する特集についてはこの先2年間にさらに2回程度の特集を企画してみたいので、その際には海野さんに是非とも編集担当を引き受けてほしい旨を伝える。『建築の前夜』を読み続けるが少々惰性的になってきたので気分転換にアマゾンから届いた『現代思想』誌7月号の特集「考現学とは何か」の巻頭対談「あたかも数千年後のまなざしで---考現学と〈モノ〉への問い」(藤森照信×中谷礼仁)を読む。中谷さんの近著『未来のコミューン』(中谷礼仁:著 インスクリプト 2019)の冒頭の柳田國男と今和次郎の話題から始まり。柳田の民俗学と今和次郎の考現学とのモノの見方の相違について議論している。藤森は今和次郎から吉阪隆正へ連なる延長上に林丈二や赤瀬川原平と始めた〈路上観察学〉があることを確認した上で、今和次郎と舞台装置家の吉田謙吉の関係について話を進めている。先頃、京橋のINAXで吉田謙吉の自邸展を見て不思議な感想を抱いたことを思い出したが、その疑問が少し解けたような気がする。考現学は人間生活の〈日常性〉や〈無意識〉をテーマにしている点に僕としては共感するのだが、僕の感性から少しズレているような気がするのは多分建築社会学的で計画やデザインにまで踏み込んでいないからだろう。藤森は『未来のコミューン』を読んで中谷の次の研究テーマを「神の問題」だと指摘し最後はその話題に転換する。アドルフ・ロースやニーチェを引きながら藤森は近代建築における水平性から脱して垂直性へと転換する建築について述べた上で、それが超越的な空間だと指摘する。読みながら1970年代の毛綱毅曠、六角鬼丈、渡辺豊和さらには石山修武や石井和紘といった建築家たちが議論していたコスモロジー論を想い出す。コスモロジー論も同じだが近代を跳び越えて一気に古代にまで遡ろうとする藤森や中谷の話題はあまりに物語的で僕にはとてもついていけないが、近代性への批評としてならばかろうじて納得できる。僕としては『未来のコミューン』の6章以降で論じられている宗教的、精神病的コミューンと空間の関係についての議論がない点にやや不満が残った。


2019年08月16日(金)

曇りのち晴れの蒸し暑い一日。台風は日本海に抜けたが依然として風が強い。8時半出社。今日は腹部のCTスキャン診察の予定だが、改めて受診説明書を読み直すと6時間前以降は食事をするなと書いてあるのでビックリ。朝食を食べてしまったので溜池山王の診療医院に電話し9時半の予約を14時半に変更してもらう。戸田と「箱の家164」の概要書と平断面詳細図について最終確認の打ち合わせを行った上で長めのコメントを添えてU夫妻に送信する。合わせて佐々木構造計画にも送信。戸田は明日から夏休みなのでU夫妻との打ち合わせは再来週になる。14時前に事務所を出て表参道から千代田線で赤坂駅にて下車。北方向に歩いて7分で溜池山王の医院に14時半前に着く。予約表を渡し医師の問診を受けてから着替えて点滴針を腕に刺して診察室に入る。造影剤を点滴すると身体全体が熱くなるのはいつもの通りである。CTスキャンはMRIに比べると作動音はずっと静かなので緊張しない。約30分で15時過ぎに終了し16時前に帰社。9月に渋川で開催される磯崎新米寿祝賀会への往復のスケジュールについて佐々木睦朗さんメールとで打ち合わせ。加藤耕一さんが『建築雑誌』3月号特集「歴史の効用」のSlackにプログラム案について書き込んでいる。横手義洋さんの名前と『建築史とは何か』も挙がっているので短い感想コメントを書き込む。3月号も徐々に動き始めたようだ。連載の原稿スケッチを少々。しばらくは1、2、3月号の連載スケッチを並行して進めることになりそうだ。夜は『建築の前夜』を読み続ける。前川國男はアントニン・レーモンド事務所でしばらく働いた後に1935年に独立する。ル・コルビュジエの〈エラズリス邸〉(1930)の剽窃で話題になったレーモンドの〈夏の家〉(1934)については写真が掲載されているだけで全く触れられていないが1936年のパリ万博日本館の顛末については詳細に紹介されている。最終的に坂倉準三が日本館のデザインを担当することになったのは、坂倉がル・コルビュジエ事務所から帰国したばかりだったことも一因だが、それ以上に前川が東大建築学科出身であるのに対し坂倉が東大文学部の美学出身であることと関係があったようだ。


2019年08月15日(木)

台風10号の影響で晴れ、曇り、雨がくり返す不安定な天気。8時半出社。「箱の家164」の詳細図について戸田と打合せ。引き続き概要書を作成するように指示する。午後に再度打ち合わせて細部の変更を指示する。夕方に再再度打ち合わせて1/50の平面詳細図のレイアウトを敷地全体が入るような横配置に変更するように指示する。上下が東西方向のヘテロな図面になってしまうが、道路境界から建物までの床仕上げと水勾配を明示するためである。製本した時にも図面すべてが横位置で見ることができるのでこの方が好都合だろう。明朝に最終的なチェックをした上でUさんに送信する予定。『建築雑誌』3月号の特集テーマ「歴史の効用」のSlackに私見コメントを書き込む。なかなか作業がスタートしない編集担当幹事の加藤耕一さんに対する問題提起の書き込みである。建築学と建築デザインに対する建築史の反省的、批評的な視点と役割を確認した上で、その視点を建築史自体に差し向けたらどうなるかという問いかけのつもりである。3年前に建築史家の横手義洋さんが建築史の歴史に関する本を翻訳しているのを思い出したからでもある。『建築史とは何か』(アンドリュー・リーチ:著 横手義洋:訳 中央公論美術出版 2016)で建築史というジャンル自体が近代の産物であるという趣旨だった。それに対する反応が九州大の岩元真明さんからあったのでさらに私見をコメントする。この特集では虚学と実学の境界にある建築史の現代的意義について再検討してみたいと思っている。夜はNHKBSチャンネルでロボトミー手術の特集を観る。1940年代にアメリカのウォルター・フリーマンという医師が考案した精神病治療のための外科手術で、電気ショックで患者を眠らせた後に瞼の上から施術棒を差し込み前頭葉の左右を切断するというかなり暴力的な手術である。1950年代には簡便な精神病治療法としてアメリカでは大流行するが、14歳の少年にまで適用したことで社会問題になり、ケン・キージーが1962年に書いたドキュメンタリー小説『カッコーの巣の上で』でもとり挙げられ、その非人間性が批判されて以後は急速に衰退した。僕は1975年公開の『カッコーの巣の上で』(ミロシュ・フォアマン:監督 1975)で知った。『イージーライダー』でデビューしたジャック・ニコルソンの主演でアカデミー賞を受賞したことを記憶している。『建築の前夜』を読みながら夜半就寝。


2019年08月14日(水)

雨のち曇りで暑さは和らいだが蒸し暑い一日。8時半出社。富山の横山天心さんから「162酒井邸」の現場写真が届く。屋根の断熱パネル張りと防水下地までが完了し、現在は外壁の間柱工事が始まっている。断熱工事に関しては民間検査機関による現地審査があるので、その際には木村が立会う予定だが、それまでに断熱パネル接合部と出隅入隅の気密性確保のためブチルテープシール貼りを徹底するように依頼する。久しぶりにUさんからのメールが届き「箱の家164」の敷地の駐車場の契約解除期日に関して相談されたので、今年末に工事契約締結の予定なのでそれまでに契約を解除するように依頼する。戸田と詳細図と矩計図の打ち合わせ。道路と現状の敷地地盤面のレベル差を考慮してGLを敷地次盤面に設定した上で、駐車場の水勾配や玄関入口のレベル差について検討する。さらに階段の構造についてスケッチをくり返しささら桁と踏み板下地を鋼板とする単純明快な階段を考案する。階段下はトイレなので踏板下地も鋼板とし踏板仕上げは集成材とする方針でまとめる。床仕上げは1、2階ともフレキシブルボードなので踏板の集成材はグレーに染めることになるかもしれない。還流ダクトの配管経路や点検口の配置についてもメンテナンスを考慮して再検討する。Facebookで界工作舎に対し〈パネルログ〉なる構法が連絡してくる。はりゅうウッドスタジオと僕たちが開発した〈縦ログ構法〉に酷似した構法なので、はりゅうウッドスタジオの滑田さんに問い合わせたところ、よく知っている福島の材木屋が開発した構法だという。柱間に差し込む耐力壁として開発された構法で〈縦ログ構法〉とは考え方が微妙に異なるが、素人目にはほとんど同じに見える紛らわしい構法である。9月開催の縦ログ構法講習会では何と説明しようか。家早何友である。『建築雑誌』編集Slackで能作さんが2月号特集の臨時編集委員会を招集し来週水曜日の夜に開催することになる。合わせて能作さんは連載の「動いている建築」のSlackを立ち上げている。建築家の自邸の成長変化のプロセスを紹介する記事らしい。夜は『建築の前夜』を読み続ける。前川國男はル・コルビュジエのアトリエでの2年間の修業を終えて1930年に帰国し、いきなり〈東京帝室博物館コンペ〉に挑戦するが、その経緯が詳細に紹介されている.。前川が「負ければ賊軍」という名台詞を残したことで有名なコンペである。


2019年08月13日(火)

小雨のち曇りの蒸し暑い一日。8時出社。直ちに事務所を出て小雨の中表参道を経由して青山の歯科医院へ。雨のせいで表参道を歩く人は少ない。アップルストア表参道は全面改装中で外装全体に白いシールが張られて白い箱になっている。8時半から下前歯の差歯の修理。差歯を一旦抜いて周りを掃除し再び接着する治療。麻酔を打たないのでかなり鈍痛がする。一緒に歯垢の除去も行なったのでスッキリする。次回の定例メンテナンスは9月末を予約する。9時半終了10時前帰社。思い立って建築学会著作賞に再度応募することにする。審査委員が大幅に入れ替わっているので2年前のリベンジである。推薦書類は同じで年号を変えて3冊の本と一緒に宅急便で建築学会に送る。日建設計の山梨知彦さんがfacebookで今年の建築学会作品賞を受賞した〈桐朋学園調布キャンパス1号館〉のオープンハウス案内が届く。申込の締切は先週末だったが佐々木睦朗さんと一緒に見学する旨を伝えて山梨さんの了承を得る。9月末には竹橋のパレスサイドビルで開催される祝賀会の案内メールも届いたので出席のメールを返送する。「箱の家164」の詳細図と矩計図について戸田と打ち合わせ。細かな修正を指示し詳細図がまとまったら概要書をまとめるように指示する。その後も詳細図を見ながらあれこれスケッチをくり返し、思いついたアイデアを図面化する。出来るだけディテールを単純化してローコストに持っていきたいがなかなか難しい。地下と室内の空気の流れを考えながら床の空調吹出口の位置をスタディする。これまでとは異なる階段なので構造については一考の余地がありそうだ。新しい構造的な試みを考案してみたいが佐々木構造計画に相談する必要があるかもしれない。

夕方までに『科学の科学 コレージュ・ド・フランス最終講義』(ピエール・ブルデュー:著 加藤晴久:訳 藤原書店 2010)を読み終わる。週末に再読し読後評をまとめよう。引き続き『建築の前夜 前川國男論』(松隈洋:著 みすず書房 2016)を読み始める。序章で松隈は第二次大戦中の前川國男の戦争協力の有無について議論している。さまざまな意見が紹介されているが読んでいて胸が苦しくなる。クリティカルな状況に置かれた時に建築家はどのような対応をすべきだろうか。前川の立場に自分を置いてみるとき、時代の潮流に阿ることなく自身の原則を押し通すことができるかどうか僕は自信を持てない。1905年に生まれた前川國男が東京帝国大学工学部建築学科に入学するのは1925(大正14)年である。大正モダニズム末期で戦争の足音が近づいてくる時代の建築学科の雰囲気が詳細に記述されている。同級生には谷口吉郎、市浦健、横山不学がいた。前川の卒業論文は「大戦後の近代建築(ル・コルビュジエ論)」で岸田日出刀の指導の元にロシア構成主義とル・コルビュジエについて論じているがメインテーマは当然ル・コルビュジエ論である。前川は1928年3月31日の卒業式の夜に東京を発ちシベリヤ鉄道経由でパリに向かいル・コルビュジエのアトリエに弟子入りするのである。


2019年08月12日(月)

曇り時々晴れの蒸し暑い一日。今日は祝日で事務所は休みだが9時半に出社。腰痛はかなり治ってきたが中腰や捻れた体勢をとると再発するので何をするにも恐る恐るになってしまう。メールをチェックし日記をまとめた後に『建築雑誌』1月号の「レジリエンス特集」の連載原稿のスケッチを開始する。締切は10月でまだ先の話だが2月以降の連載原稿を含めて少しずつ書き溜めていくのがいつものやり方である。まずはできるだけ幅広いコンテクストから捉えるため気になるキーワードをランダムにリストアップした上でキーワード相互をマトリクスに組み関係づけることによって視点を複合化する。このやり方を採ると意外な発見に出会うことがあるので常用している。戸田がまとめた「箱の家164」の詳細図と矩計図に再度目を通すと意外に問題点が多いことを発見する。しばらくスケッチをくり返しディテールを単純化する方法を模索する。とりあえずの方針を決めてチェックバックの修正点を描き込む。写真家の八代哲弥さんから「163保田邸」の竣工写真の高解像データが届く。合わせて使用上の注意とクレジットの確認書類が添付されている。著作権の考え方が上田宏さんとは若干異なるようだ。僕が選んだ10カットに内装写真2カットが追加されているので、お礼と合わせて写真データのCDと請求書の送付を依頼するメールを返信する。保田さんから「163保田邸」の細かなクレームメールが届く。性能にはほとんど関係がなく気にならないような些細な問題点なので対応はオンサイトの坂本さんに任せる。

『科学の科学』を読み続ける。第蕎蓮崙端譴弊こΑ廚慮緘勝5 歴史と真理」に差し掛かりカントのアプリオリなカテゴリーの歴史性、社会性の指摘やヴィトゲンシュタインの『哲学探究』における言語ゲーム論が出てきて少し面白くなってくる。この章は後で再整理してみる必要がありそうだ。引き続き第珪沺崋匆餡奮悗呂覆室己を対象化しなければならないのか」に進む。何とか明日中に読み通したい。


2019年08月11日(日)

立秋を過ぎたというのに依然として快晴で灼熱の一日である。10時出社。昨日から始まった腰痛が相変わらず続いているので気分的にも動きが鈍くなる。年齢も要因だろうからじっくりと治すしかない。改めて考えてみると深酒した翌日は必ず腰痛があるのでアルコールも控えるべきかもしれない。昼過ぎに熱い風呂に入り腰を温めると少し症状が軽くなる。インターネット航空券販売会社のeDreamsから昨年のキューバ行き航空券の賠償を行う旨のメールが届く。昨年の帰国直後に何度もメール連絡したにもかかわらず反応は皆無だった。1年遅れで連絡が来るとは何をかいわんやである。それも僕たちが被ったカンクンとハバナのホテル代、タクシー代、変更航空券の購入費を含む実質的な被害額ではなく、カンクンからハバナへの航空運賃だけなので10分の1にも満たない微々たる金額である。とはいえ賠償の意志があるのはありがたいので振込先の銀行データを返信する。木村がまとめた「162酒井邸」の家具図をチェックする。まだ途中図面なのでチェックバックは難しそうだ。酒井さんから天井合板の節の問題に関するメールが届く。とりあえず界工作舎の提案を承諾してもらう。材料の素地を生かすという「箱の家」の仕上げのポリシーを理解してしてもらったのが何よりの収穫である。戸田がまとめた「箱の家164」の平面、断面詳細図と矩計詳細図をチェックする。あと少し修正すればまとまりそうなので、週明けに急いで概要書を作成し来週中にはU夫妻に送ることができそうである。『科学の科学』を読み続ける。科学界のハビトゥスに関する詳細な議論が続くが、コンテンツ抜きの議論なのでイマイチ乗り切れない。


2019年08月10日(土)

今日も相変わらずピーカンで暑い。6時前に目が覚めたのでしばらくベッドの中で読書。今日は人間ドックなので水だけを飲んで8時半に出社。しばらく『建築雑誌』の編集Slackをチェックし昨夜の打ち合わせ結果を確認する。能作さんが2月号特集の臨時編集会議を招集している。何とか都合をつけて出席しよう。9時過ぎに事務所を出て外苑の診療所へ。9時半から予約しておいた人間ドック診療。まず身長、体重などの身体測定、視力検査、肺活量などの体力測定の後に心電図、動脈硬化検査、腹部超音波検診、レントゲン撮影などを受け、最後に採血と麻酔による胃カメラ撮影で12時前に終了。麻酔が取れるまで20分程度別室で休んでから来週末のCTスキャン検査を予約してすべて終了。12時半に診療所を出て青山通りを表参道まで歩き薬局で処方薬を購入し13時前帰社。おそらく胃カメラ撮影の際に横になり腰を捻ったせいで腰痛が始まる。しばらく前から時折腰痛があったが、それがきっかけで悪化したらしい。家早何友である。正栄産業から「162酒井邸」の建方終了の写真が届いたので上棟式の記念写真と一緒にfacebook にアップする。天井合板の節への対応やその他の詳細について木村と打ち合わせ界工作舎としての対応策を酒井さんにメール送信。木村は明日から夏季休暇なので家具について簡単に打ち合わせをした後に解散。戸田には「箱の家164」の詳細図をdropboxに保存しておくように指示。14時過ぎに帰宅し完全に麻酔が抜けるまで仮眠。夕方に起き上がるとまだ腰痛がするのでベッドの中で図面チェック。寝たきりとはこういう状態なのか想像しながら少し気分が滅入る。何とか回復するように努力しよう。

『科学の科学』を読み続ける。科学社会学というのは〈真理を追求する科学〉つまりブルデューのいう〈科学界〉における社会性と権力関係を明らかにする学問である。社会学とはあくまで人間関係を研究する学問なので必然的に俯瞰的な視線になる。その点は歴史学と似ているが、歴史学はあくまで〈コンテンツ〉を研究対象にするのに対し、社会学は〈形式〉を研究対象にする点が異なる。社会学も歴史学も、あらゆるジャンルに適用できるので建築学も例外ではない。その問題を『建築雑誌』の3月号「歴史の効用」と5月号「計画学と社会学」において問うてみたいと思うのである。


2019年08月09日(金)

今日も灼熱の一日。8時半出社。佐々木構造計画と矢橋徹さんに「163保田邸」のコンサルタント料と現場監理代行報酬についてメール連絡する。「163保田邸」は木造でありながら耐震等級3の構造設計したことと熊本という遠方なので代理の現場監督の代行を依頼した。おかげで界工作舎としては営業的には完全に赤字に近い結果となったが保田さんには納得してもらえる「箱の家」ができたのでよしとしよう。『建築雑誌』の紙面レイアウト案が編集委員Slackに掲載されたのでコメントを書き込む。デザイナーの田中義久さんの明らかに意図的な仕掛けが読み取れるので、それを実現すべきだと考えたからである。『建築前夜 前川國男論』の序章を読み始め書評原稿のスケッチを少々。久しぶりに建築書を読むのでいつになく頭の回転が速くなる。まだ『科学の科学』を読み終わっていないため本格的に取り組むのは盆休み明けになりそうである。14時過ぎに事務所を出て田町の建築会館へ。15時から『建築雑誌』編集委員会の第3回である。出席率はそこそこだが幹事の加藤耕一さんと能作文徳さんが欠席である。高口洋人編集長の司会で、まず特集テーマのラインアップについて議論。すでに4月号までは決まっていたがとりあえず7月号までを確定する。さらに連載記事のテーマについても議論し担当編集委員を決める。僕からは4月号特集の「木質構造の過去・現在・未来」の編集担当者を外部に依頼することを提案する。引き続き誌面レイアウトについて田中義久さんが作成した見本を見ながら意見交換。特集趣旨や座談会は文字サイズを11pt、それ以外は10ptとすることを決める。1行あたりの文字数を変えないユニークなレイアウトである。次に1月号、2月号の特集の趣旨と内容について説明。1月号は急がねばならないがあまり固まっていないので少々心配である。2月号については担当の能作さんの代理で長澤さんが説明する。対談、インタビュー、原稿のスケジュールを確認して17時過ぎに解散。その後、高口編集長、長澤、難波編集幹事、1月号編集担当の集幹事の増田幸宏、担当編集員の中川浩明、朝川剛、國廣純子の7人が残り1月号「レジリエンス」特集の詳細を詰める。問題の幅が広すぎるため増田さんが迷走しているのを見かねて高口さんが主導して座談会や論考の依頼者を決めていく。僕はしばらく静観していたがレジリエンスの核であるエンジニアリングにおける〈想定外〉の問題をどう扱うかという話題になった時に〈ブリコラージュ〉の概念を提起する。それが結論だとは思わないがとりあえずのガス抜きにはなったようで一応の決着がつく。19時前に終了。19時半過ぎに帰社。明日の午前中、僕は人間ドック検査なので20時から所内打ち合わせ。木村とは「162酒井邸」の家具図について、戸田とは「箱の家164」の断面詳細図について打ち合わせ。引き続き夏休み中の仕事の分担について打ち合わせて21時前に終了。21時に帰宅。『科学の科学』を読みながら早めに就寝。


2019年08月08日(木)

今日もピーカンで灼熱の一日。8時半出社。「162酒井邸」の軸組建方が完了し床と屋根の構造用合板を貼り終わったが、酒井さんから屋根合板の節が目立つ点を指摘される。正栄産業にはできるだけ節が少ない合板を選ぶように指示したのだが、実際に張る時点で節の多い合板とそうでない合板を場所によって張り分ければいいのに、そのまま機械的に張ったために最も目立つ場所に節の多い合板がきてしまったようだ。少しの配慮で変わるのだがヤレヤレという感じである。「163保田邸」でも保田さんに同じような指摘を受けたことがあるが、工務店は注意して張り分けてくれた。それでも節は残ったが最終的には白色オスモカラーで染めることによって目立たないようになった。今回はやや濃い目に染めることが必要かもしれない。酒井さんには工事の前に必ず塗装見本を提出することを確認し「163保田邸」の参考写真を送信する。SD編集長の相川幸二さんからメールが届き『建築前夜 前川國男論』((松隈 洋:著 みすず書房 2016年)の書評を依頼される。今年度の学会論文賞を受賞した書籍である。3年前の出版時に松隈さんから送ってもらったが、当時は別の読書を続けていたのでそのまま積読状態になっていた。ブルデューに関する一連の読書がそろそろ終わりそうなので気分転換に取り組んでみようと考えて承諾のメールを返送する。佐々木睦朗さんから昨日送ったメールに対する返答メールが届く。8月末の隈研吾最終講義に付き合ってくれるそうだ。磯崎新米寿祝賀会にも一緒に行けそうである。川口衞さんを偲ぶ会の案内が届いたので出席のはがきを返送する。

『科学の科学』を読み続ける。第犠蓮峙掴世慮従」ではトーマス・クーンのパラダイム論の検証に続き、ブルーノ・ラトゥールやレジス・ドブレのポストモダン的テキスト還元主義批判が展開されている。第蕎蓮崙端譴弊こΑ廚任浪奮愕Δ亮律性と科学的方法におけるハビトゥスの検証が行われるが、その中でマイケル・ポラニーの〈暗黙知〉が引用されているのが興味深い。しかしながら具体的内容を欠いた〈方法〉なるものが僕はどうにも苦手である。読みながら絶えずニーチェの「方法は最後に来る」というテーゼが脳裏を過ぎる。


2019年08月07日(水)

今日も晴れで灼熱の一日。8時半出社。「162酒井邸」上棟式の記念写真を界工作舎HPにアップするように木村に指示する。建方は実際には完了していなかったので現場の写真を明日、正栄産業から送ってもらうように依頼する。能作文徳さんから田中義久さん伏見唯さんと相談して決めた『建築雑誌』の紙面レイアウト案が届き、編集幹事の意見が求められていたので文字サイズはできるだけ大きくする方向で回答する。連載欄の文字サイズが10pt、1行23文字×49行 2段組で最大文字数は1ページあたり2254文字となる。僕の担当連載欄は見開き2ページなので4,500文字11枚余である。毎月書けば24ヶ月で260枚となり加筆して膨らませれば1冊の本としてまとめることができそうだ。じっくりと腰を据えて取り組もうと思う。引き続き能作さんが『建築雑誌』編集Slackに2月号の特集「新しい生活様式(案)」の趣旨をアップしている。東日本震災以降と条件をつけている点が興味深い。ならば1月号の特集「レジリエンス建築」とも関係づけるといいかもしれない。僕としては生活様式の近現代史を押さえた上で〈震災以降〉を明確に位置づけることと、生活様式を建築に引き寄せて捉えることの2点を明確にすべきだと編集会議で指摘しよう。最終的には8月9日(金)の編集委員会で確定することになるが、これに対して学会の『建築雑誌』担当の片寄さんから以前の記事との重複を指摘されたので部分的に修正する必要があるかもしれない。東大の隈研究室から隈研吾退職記念連続講義第5回の案内ポスターが届く。開催は8月31日(土)でテーマは「緑と建築」である。後学のために顔を出してみようか。あれこれ考えて磯崎新さんの米寿祝賀会へ出席する旨の返事メールを送信する。おそらく多種多様な人たちが集まるだろうから話題も豊富だと期待できるからである。佐々木睦朗さんと一緒に行くことにしよう。19時前に事務所を出て青山の居酒屋へ。19時から土居義岳さんとの会食。九州から横浜に引っ越して間もないため。まだ荷物が片付いていないそうだ。今日は広尾の都立中央図書館から歩いてきたという。これからの仕事の予定について聞くと、まずは11月に東大出版会から講義録をまとめた著作が出るそうだ。30年間近く九州芸工大と九州大に勤務したことの感想など訊く。東大からは鵜飼哲矢さんや岩元真明さんがお世話になっているが二人とも頑張っているそうで一安心である。土居さんとしては研究室から何人かの建築家を輩出している点が自慢らしい。今年のSDレビューにも入選しているそうだ。最近では設計をめざす学生はデザイン研や計画研によりも歴史研に進む傾向があるのはどの大学でも共通である。工学系の研究はすべて歴史的視点を持つことになるだろうというのが土居さんの持論だが僕もまったく同感である。近現代建築史研究においては20世紀よりも19世紀に関する研究が今後しばらくは主流になるという。9月の金沢での建築学会大会でも19世紀の構法をテーマとするパネルディスカッションが企画されているとのこと。その潮流は小見山陽介や後藤武の博士論文とも関係があるようだ。歴史研究は基本的に文献研究であるという点を土居さんは強調するが、僕としてはやはり実際の建築による検証を含む研究でないと説得力に欠けるのではないかと反論。この話題に関連して現在、近現代建築資料館で開催中の「安藤忠雄 初期建築図面展」を観るように勧める。徐々に込み入った話題になり土居さんが専門のヨーロッパ近代建築史におけるフランスの役割や最初の助手を務めた鈴木博之さんの話題になるが、酔いが回りどんな内容だったか詳しいことは記憶にない。10時過ぎに店の前で別れ10時半に帰社。直ちに帰宅し『科学の科学』を読みながら夜半就寝。


2019年08月06日(火)

今日もピーカンで灼熱の暑さが続く。九州は台風で大雨のようだ。先月末に引き渡した熊本の「163保田邸」にとっては最初の試練だが大した問題ではないだろう。「163保田邸」の竣工写真が10日近く経っても届かないので写真家を紹介してもらった矢橋さんに通常のペースを尋ね、合わせて写真家の八代哲弥さんに連絡する。しばらくして八代さんから55枚の写真が届く。梅雨明けで撮影に追われ編集が遅れていていたらしい。写真を何度か見直して購入する10枚を選び八代さんに返信する。その後「163保田邸」のプレゼ図面と竣工写真をjt誌の西牧厚子編集長に送信。一見するとこれまでの標準的な「箱の家」と変わりないように見えるが構造的・環境的なイノベーションを組み込んだ新しい「住むための機械」であるというコメントを添える。さてどう対応してくれるだろうか。引き続き竣工図面一式と10枚の竣工写真を圧縮データにし著作権のある写真の使い方に注意するようにコメントを加えて佐々木構造計画、矢橋徹さん、オンサイトの坂本さんに送信する。これで一通りの仕事が完了した。昨日チェックした「箱の家164」の詳細図について戸田と打ち合わせ。鉄骨造のせいもあるが戸田は詳細の納まりをまだ構法的に理解できていないように思える。「箱の家」は現在でも少しずつ進化しているので過去のディテールをコピペしたのでは対応できない。加えて最近の「箱の家」は性能が上がった分コストも上昇しているので、この辺りでコストダウンのためのフィードバックも必須である。そのために新しい構法のスタディが必要なのだが、そこまでは頭が回らないようである。僕自身も少し時間をかけて考えてみる必要がありそうだ。『建築雑誌』1月号の連載原稿のスケッチを再開。思いつくトピックスを細切れに積み上げていくのがいつものやり方だが、連載開始の記事なので2年間を通底するテーマについても書かねばならない。僕にとってこの連載は〈建築の4層構造〉多面的な検証のつもりである。ブルデューの『科学の科学』を読み続ける。1950年代以降の科学哲学史とりわけトーマス・クーンの〈パラダイム〉概念の批判的検討が展開する。


2019年08月05日(月)

快晴で暑い一日。8時半出社。9時半に事務所を出て東京駅へ。夏休みで駅構内もホームもキャリーバッグを引き摺る人たちでごった返している。予約した切符を券売機で受け取り10時34分発の上越新幹線に乗車。車内では『実践感覚-1』の序文を読み返してブルデューの意図を再確認し日記をまとめる。高崎から木村が乗車したことをメールで確認。長野駅を過ぎたところで昼食の弁当を食べ12時32分に富山駅に着く。富山もピーカンの快晴で東京よりもずっと蒸し暑い。改札口で横山天心さんと待ち合わせ車で「162酒井邸」の現場へ向かう。昼食中で職人たちはいない。道路側にテントが張ってあるので鞄を置き、建方途中の現場を見学する。テント脇にクレーンが待機している。建方は2階の床梁までは終了し2階の柱を建ち上げる最中で「163保田邸」よりもスローペースなのは明らかにこの暑さのせいである。13時前に大工や鳶が戻ってきたのでしばらく歓談。この暑さの中での作業は身体に堪えるというのが正直な感想である。13時過ぎから午後の作業開始。ともかく日射が強烈でテントで待機していても赤外線が透過して汗が噴き出す。持参したお茶を飲み干したので散歩がてら自動販売機を探しに出かけるが商業地域内というのにどこにも見当たらない。近くの小川沿いの桜並木まで行くと涼しい風が吹いているのでホッと一休み。現場に戻り木村に近くのコンビニまで買い物を頼む。1リットルの水を飲みながら現場で待機。15時の休憩時でテントに戻った職人たちはグッタリと無言。熱中症になりそうなので思い切り水分を摂る。酒井夫人が氷とおやつを差し入れてくれる。15時半過ぎに建方を再開し16時半までに屋根の桁と梁、一部のLVL小梁まで架けたところで今日の作業は終了。明日はベランダの鉄骨柱を建て屋根まで進むそうだ。まもなく酒井一家が現場にやって来たので僕の司会で略式の上棟式を開始。建物の四隅を塩、米、神酒で浄めて17時過ぎに終了。横山さんの車で正栄産業が経営する富山駅近くの居酒屋へ向かう。酒井夫妻、横山天心さん、正栄産業営業の鏡さんと現場監督の早助さん、界工作舎2人の7人で上棟祝いの食事会。ビールで喉を潤した後に刺身、煮魚、ローストビーフ、焼き鳥などをいただきながら歓談。19着過ぎに界工作舎2人が抜けて歩いて富山駅へ。9時半過ぎ発の上越新幹線かがやきに乗車。車内ではひたすら爆睡。10時に東京着。東海道線で横浜まで帰る木村と別れ地下鉄で表参道へ。東京の夜は少し涼しい。10時45分に帰宅。シャワーを浴びて汗を流しそのままベッドに倒れこむ。


2019年08月04日(日)

今日も相変わらず灼熱の一日。ゆっくりと朝食を摂り10時出社。日記を書き込みdropboxに入っている「箱の家164」の平面詳細図と矩計詳細図をチェックし、問題点を抜き出して戸田に送信する。はりゅうウッドスタジオの滑田崇志さんからメールで原発被災者の〈二地域居住〉に関する資料が届く。長澤さんと能作さんにも届いているようだ。建築学会に発表した論文が〈二地域居住〉の経緯を詳しく説明している。もう一度読み直してみよう。北海道建築技術協会からBIS(Building Insulation Specialist)の資格更新の案内書類が届く。北海道で住宅を設計するための省エネ設計の資格だが一級建築士と同じように3年毎に講習会を受ける必要があるようだ。北海道江別の「箱の家147」を設計するために3年前にわざわざ仙台まで出向いて受験し獲得した資格だが、結局クライアントが稚内に転勤になり計画は中止になった。今後、北海道からの設計依頼があれば再検討する必要があるが今の所その可能性がないので今回はパスすることにしよう。14時前に家を出て表参道から半蔵門線で渋谷駅にて下車。歩いて10分でユーロスペースへ。文化村通りは祭りの準備で歩行者天国になっている。14時30分から『新聞記者』(藤井道人:監督 2019)を観る。話題の映画なので館内は満員である。内閣情報調査室のエリート官僚と女性新聞記者とのやり取りを描いた映画だが、昨年の加計学園問題をそのままモデルにしたような内容なので臨場感がある。当然ながら結論は宙ぶらりんで両義的な解釈に開かれている点が映画らしい。16時半終了。17時過ぎ帰宅。

『実践感覚-1』(ピエール・ブルデュー:著 今村仁司+港道隆:訳 みすず書房 2018)を再読する。序文を読み直してブルデューの意図が理解できる。ブルデューは日常的な実践よりも図式的・構造的に理解できると考えられている儀礼的実践をとり挙げて、それが決して構造に還元できない過剰性やゆらぎに満ちていることを指摘する。つまり儀礼はそれを執り行う人による一種の〈創造)でもあることを強調している。つまりそこに潜んでいるのは〈構造〉ではなく『ハビトゥス〉なのである。ハビトゥスは〈構造化する構造)であり実践に対してダイナミックに開かれている。ブルデューはそこに〈実践論理〉ではとらえきれない〈実践感覚〉を見ようとする。そして実践感覚を通して、実践を法則や図式に還元しようとする構造主義や科学的思考を根底的に批判しているのである。


2019年08月03日(土)

今日も晴れで暑い日が続く。8時半出社。11時に週末の所内打ち合わせ。木村と「162酒井邸」の階段と手摺の詳細について打ち合わせた後月曜日の建方のスケジュールの確認。木村は高崎から新幹線に乗車するため富山駅の改札口で待ち合わせとする。戸田とは「箱の家164」のベランダ詳細の打ち合わせ。佐々木構造計画からの検討結果を踏まえて詳細図の変更を指示する。1/50平面詳細図も進行中なので床下空調機の位置について検討。南北に細長いプランなので南北両端に2台の空調機を配置する方針とし設置位置について検討し和室と台所に決定。還流ダクトの位置も再確認する。戸田の夏休み前までに概要書、平面詳細図、断面詳細図をまとめてUさんに送るスケジュールを決める。12時に事務所内外を掃除し解散。12時半に事務所を出て表参道から銀座線、山手線を乗り継ぎ目黒駅にて下車。歩いて7分で〈旧前川國男邸〉へ。13時から松隈洋さんの学会論文賞受賞祝賀会である。〈旧前川國男邸〉は地下1階地上2階のRC造の住宅で使用人室や3つの浴室がある豪邸である。室内はほぼ白一色でル・コルビュジエや近代建築の気配はほとんどない。広いリビング、食堂、客室に沢山の人が訪れているがほとんど年配の人ばかりで、佐々木睦朗、富永譲、北山恒、野沢正光、松本哲夫、鈴木杜幾子、伊藤毅、藤井恵介、渡辺真弓、頴原澄子、その他顔見知りも多い。14時半に退席して15時過ぎに帰社。佐々木さんから佐々木さんと磯崎新さんの川口衛追悼文と偲ぶ会の案内文が届く。佐々木さんにも磯崎新さんの米寿祝賀会の案内が届き参加するとのこと。僕もどうするか迷うところである。16時半に事務所を出て明治神宮前駅から副都心線で新宿三丁目駅にて下車。歩いて5分で新宿武蔵野館へ。17時10分から『パラダイス・ネクスト』(半野喜弘:監督 2109)を観る。館内はパラパラ。すべて台湾ロケの映像と音楽(坂本龍一)は素晴らしいがシナリオ(半野喜弘)がイマイチに思える。煙草を吸ってばかりいる豊川悦司の演技も鼻につく。北野武やジャー・ジャンクーの影響を感じる徹底して説明を省いたコンパクトな演出だが結末があまりにも安易で肩透かしを食った感じである。予告編だけを観て足を運んだのだが期待外れ。19時前終了。副都心線で明治神宮前で下車し表参道を歩いて20時帰宅。

『新建築』2019年8月号「集合住宅特集」の巻頭対談「集合住宅は再び希望になれるか 家族のための住まいを超えて」(上野千鶴子×門脇耕三)を読む。高齢化、少子化、単身家族の増加といった社会現象はあくまで与条件として捉え、それに対して建築家がどう応えるかという図式の上での議論である。上野千鶴子は社会学者なので子育て世代を受け入れるための集合住宅のあり方については積極的に提案している。戸建て住宅推進の持家政策がすでに破綻している事態は共有されている。しかし日本で持家のみならず集合住宅も資産価値を持ち得ない根本的な要因が建築の減価償却制度にあることは共有されているが、もう一つ重要な条件がアメリカと異なる住宅ローンの担保制度にあることは認識されていないようだ。集合住宅の総合プロデューサー的役割として建築家の可能性についての結論はやや眉唾ものだが開かれた共同住宅の潮流が生まれたことは建築家の努力の結果だと思う。この対談で提出されている問題については『建築雑誌』2月号の特集に関連してもう少し考えてみよう。


2019年08月02日(金)

今日もピーカンの晴れで昨日よりも暑い一日。8時半出社。日大郡山の浦部智義さんから一昨日のメールに対する返信が届く。2地域居住の事例を紹介してくれるそうだ。〈梅林の家〉の住人もインタビュー候補に挙がっていたので見学時にもらった名刺を調べて『建築雑誌』Slackに書き込む。佐々木構造計画から「箱の家164」のベランダ詳細に関する連絡があったので戸田と簡単な打ち合わせ。方針を決めて図面化するように指示する。「162酒井邸」に建方について横山さん、正栄産業とメールのやり取り。スタッフの誕生祝いと「163保田邸」の引渡し祝いを兼ねて久しぶりにスタッフと外食。やや頭痛がするので21時に帰宅しシャワーを浴びウィスキーを煽って早めに就寝。

定期購読している『週刊読書人』2019年8月2日号の文庫本特集で文芸評論家の安藤礼二が『意識と本質 精神的東洋を索めて』(井筒俊彦:著 岩波文庫 1991)をとり挙げている。10年ほど前に石山修武が本書を一緒に読もうと提案してきた。石山は本書のサブタイトルに惹かれたのだと思うが、僕はオリエンタリズムには興味はなく付き合いで読み始めた。しかし読み進むうちに今までの読書とは異なる新しい発見の連続で興奮しながら読み通した。一方で石山は「さっぱり分からない」と途中で投げ出してしまった。鈴木博之が亡くなる数日前に僕たち二人をベッドの側に呼んでこう言ったことを思い出す。「石山さんは詩人で、難波さんは論人だね」。本書はまさに西洋的な論理を越えた普遍的な論理の解説書である。僕にとっては足元の地盤を揺り動かされるようなカルチャーショックを受けた記憶が残っている。2010年9月20日の日記に僕はこう書いている。

『意識と本質』(井筒俊彦:著 岩波文庫 1991)を読み始めたが、あまりに面白くて興奮しながら一気に第5節まで進む。西洋思想だけでなく東洋思想やイスラム思想を縦横に参照しながら、多様な〈本質〉の様相を紹介していく井筒の手際には舌を巻く。〈本質〉というものをまったく認めない唯一の思想である仏教と、本質を認めるそれ以外の思想との比較から話は始まる。日本人にとっては本居宣長の「漢意(からごころ)」批判が本質論批判であることはあまりにも有名である。しかしそれはプラトンのイデア論に代表されるような普遍的本質への批判であり、イスラム思想や儒教にはそれとは異なる本質論が存在することが紹介されている。井筒はこう書いている。「だが、宣長についてのこの問題をこういう形でこれ以上追求することはやめにしよう。要するに二つの違った意味の〈本質〉があるということ、あるいは事物の〈本質〉が違う二つの:というより、二つの正反対の:次元で成立しうるということを、わたしはここで指摘しておきたいだけだ。一方は、人が原初的存在邂逅(かいこう)において見出すままの事物の、濃密な個体的実在性の結晶点としての〈本質〉。他方は人間の意識の分節機能によって普遍者化され一般者化され、さらには概念化された形でそれらの事物が提示する〈本質〉。一方はものの個的リアリティ、他方はものの普遍的規定性。(中略)とにかくここでは一応、〈本質〉を個体的〈本質〉と普遍的〈本質〉との二つに大別してこれらの〈本質〉の区別そのもの問題をもう少し詳しく考察してみたい」。井筒は宣長の〈物の心〉も一種の〈本質〉すなわち〈個体的本質〉ではないかという驚くべき主張を展開している。ともかく僕にとっては〈個体的本質〉なるものが存在すること自体が驚天動地の発見である。プラトン哲学におけるイデアとその影という〈洞窟の比喩〉やそれに対抗した実存主義におけるサルトルの「実存は本質に先立つ」というテーゼはすべて〈普遍的本質〉を前提にした議論である。もし〈個体的本質〉を認めるとしたら、こうした議論は一体どうなるのか。僕はこれまでに積み上げてきた自分の思想の足元を揺り動かされる感じがした。井筒は西欧思想の中にも個体的本質を追求する思想が、東洋思想のなかにも普遍的本質を追求する思想が存在することを紹介していく。そして両者を統合するのがどうやらイスラム思想なのである。

井筒が提唱する東洋的な〈個体的本質〉の概念は、それ以降の僕の考え方に多大な影響を与え、現在では対象を捉える際の無意識の基準になっているように思う。先日の『建築雑誌』の臨時編集委員会で個別的なインタビューによって〈趨勢=テーマ〉を浮かび上がらせるというプログラムの提案をしたのも、おそらくその表れである。僕の考えでは〈個体的本質〉こそがボトムアップ思想の根本的な前提だからである。

『自己分析』を読み終わる。ブルデューの自伝というよりも自らの〈分裂したハビトゥス〉が形成された経緯の冷静な分析である。学生時代の苛酷な経験についての淡々とした報告は、その後のブルデューの研究活動のエネルギー源であり、読み方によってはフランスの教育制度に対する激烈な批判である。ブルデューの研究がフランスの多くの知識人の神経を逆撫でした理由がよく分かる。引き続き『科学の科学 コレージュ・ド・フランス最終講義』(ピエール・ブルデュー:著 加藤晴久:訳 藤原書店 2010)を読み始める。


2019年08月01日(木)

ピーカンで灼熱地獄の一日。8時半出社。昼過ぎに突然にわか雨が降り始め30分ほどで止む。夕立ならぬ昼立ちである。はりゅうウッドスタジオの滑田崇志さんから昨夜送ったメールに対する回答メールが届く。原発被災者の〈2地域居住〉についてのインタビューの可能性を打診したのだが、タイミングよくまとめの作業に着手しようとしたところなので〈渡りに船〉という感じのようだ。前向きに検討してみたいという回答をもらったので、インタビュー者が前もって勉強しておくための資料の送付を依頼する。インタビュー記事の決定第1号となりそうなので『建築雑誌』2月号Slackの台割案に書き込む。合わせてインタビュー候補に挙がっている「すみれ乳児園」@栃木県小山市の資料をアップする。思い立って僕が担当する『建築雑誌』の連載候補を10トピックスばかりリストアップしてみる。基本的には各号の特集に関連したテーマを選ぶつもりだが歴史的視点を忘れないようにしよう。毎月の連載として24回書くことになるが、できれば前以て全体の流れを押さえておきたい。1月号のトピックは〈レジリエンスの4層構造〉の予定なので原稿スケッチを開始する。1月号の編集担当幹事の増田幸宏さんにもらった原稿「レジリエンス学を目指して」がかなり網羅的な内容なのでアプローチの視点を再検討する必要がある。保田さんがfacebookに「163保田邸」の引渡時の写真をアップしている。物干ワイヤーが取付きすべての工事が完了したようだ。引っ越しは今週末である。新しい住居表示も決まり新居での生活が始まる。オンサイトが工事を頑張ってくれたのでほぼ満点に近い「箱の家」が完成したと思う。保田夫妻にはじっくり住みこなしてほしい。建報社の宮園さんから「縦ログ構法講習会」の案内をKENCHIKUサイトにアップした旨のメールが届く。
https://kenchiku.co.jp/event/evt20190730-2.html
思い立って講習会で担当する冒頭レクチャーのスライド編集を始める。まずは大雑把なシナリオのスケッチをしてみる。僕が担当する時間は15分だから詳しい話はできないが〈建築の4層構造〉による〈縦ログ構法〉の分析をやってみよう。横山天心さんからのメールで「162酒井邸」の敷地境界問題への対処法を詳しく説明してくれたので酒井さんも納得したようだ。酒井さんからは8月5日(月)の建方後に上棟式のお祝いを正栄産業が経営しているレストランで行う旨のメールが届く。建方後にクライアントと食事するのは初めてである。夜、スタッフと話し合い各人の夏休みの期間を決める。僕はその間もずっと事務所に詰めている予定である。

『自己分析』(ピエール・ブルデュー:著 加藤晴久:訳 藤原書店 2011)を読み続ける。1950年代のフランスの知的状況の分析から説き起こし、学歴としては最高学府まで経験しながら、そのまま教員職に就くのではなく、士官ではなく一兵卒としてアルジェリア戦線に赴き、アルジェリアの大学に就職して当時は学問的地位の低かった社会学に向かった複雑な経緯や、サルトルから始まり、ジョルジュ・カンギレーム、レイモン・アロン、クロード・レヴィ=ストロース、ミシェル・フーコーらとの両義的な交流がクールに綴られている。200ページ弱の本なので明日には読み終わるだろう。


▲TOP

Copyright (C) 2003 KAZUHIKO NAMBA+KAI WORKSHOP. All Rights Reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated without the express written permission.
This web site is written in Japanese only.